腎臓病を克服する治療方法|レベルの高い医療技術

複数の医師

予防と種類の話です

ドクター

予防摂取内容です

腎臓病の場合、高血圧の人や糖尿病の人の発症リスクが高まるとされています。というのも、高血圧は塩分の摂りすぎで起こるケースが多く、この塩分の摂りすぎが腎機能に負担をかけさせているからです。また、糖尿病の場合、合併症として糖尿病性腎症がありますか、血糖が高い状態が糸球体を傷つけやすくなり、結果腎不全を起こしやすくなります。 そのため、腎臓病の予防には塩分を控えるのは勿論、血糖が高めであれば炭水化物を控えることも大切となります。また、腎臓病はたんぱく質の摂りすぎでも起こり得ますし、糖尿病は脂質の摂りすぎで発症リスクが高まります。そのため、肉類の摂取をほどほどにすることも腎臓病の予防に有効的と考えられます。

様々な種類があります

そもそも、腎臓病と一括りにされている疾患ですが、腎臓病の種類には以下のものが挙げられます。 まずは急性腎炎です。急性扁桃腺炎や咽頭炎の発熱から10〜15日後に発症するケースが多いです。大抵は治りますが、慢性腎炎に移行する場合もあります。 次に慢性腎炎です。1年以上異常尿所見や高血圧が続くのが特徴です。 ネフローゼ症候群も入ります。原因疾患が何であっても高蛋白尿、低蛋白血症、高脂血症、浮腫などを伴うのが特徴です。 その他、上記でも挙げた糖尿病性腎症、排出機能に異常がある急性腎不全や慢性腎不全などがあります。特に慢性腎不全の場合は様々な腎疾患によって体内組織の恒常性の維持が難しくなった状態で回復も難しい状態となっています。