腎臓病を克服する治療方法|レベルの高い医療技術

シニア男性

最悪の時には人工透析

カウンセリング

日本の技術は最高レベル

腎臓病で人工透析が必要になった腎臓は、機能が正常な時の数%しか働かなくなっているために移植を行わない限り、一生涯透析治療を行わなければならなくなってきます。日本の透析のレベルは世界で最高のレベルになっていますので、人工透析をきちんと受けていれば、腎臓病で腎臓の機能がなくなった時でも尿毒症にならずに社会生活を送ることが可能になっています。日本には人工透析を受けながら働いている、元気な人もたくさんいます。透析の技術が、日本は最高だといっても週に2回から3回行われる透析の間隔では、どうしても免疫機能や、血管、血液に負担がかかることになってきます。また人工透析をきちっと受けていても、食生活や水分の補給が医師の指示の通りに行われないと、心不全にかかってしまうこともあります。

医師の指示制限に従う

医師から指示された水分や塩分の制限はきちんと守るようにしてください。一回の取りすぎが微量であったとしても、何日もそれが続いてしまうとやがて水がたまるようになってきて、不整脈を引き起こしてしまいます。人工透析を続けていくと、体液が細胞にたまっていない状態やむくみがない状態の理想的な体重が、自然とわかるようになってきます。これをドライ・ウエイトと呼んでいますが、一般的に一日に水分を摂取する量はこのドライウエイトの数%以内と定められています。このドライウエイトは腎臓病患者で透析を行っている人たちの、健康状態によって多少の変動はあるようになりますが、常に腎臓病で透析を行っている人は、意識しておくことが重要になってきます。

腎臓の機能が悪くなると

病院

腎臓病に自覚症状はありませんがむくみがあらわれてくることがあります。体内にある水分が腎臓の働きが弱くなり、尿として対外に排出できないために起こってきます。まれに痛みや発熱が出てくることもあり、背中をたたくと激痛が走ることもあります。

詳細へ

定期的な検査を

医者と看護師

人工透析を行っている人が年々多くなってきています。この原因は糖尿病にかかる人の割合が多くなってきているからです。腎臓の働きが正常でも尿路の途中で何らかの障害があるときは腎臓病にかかる可能性が大きくなっています。

詳細へ

予防と種類の話です

ドクター

腎臓病は高血圧や糖尿病の人に起こりやすく、塩分や炭水化物、肉などのたんぱく質の過剰摂取を控えると予防に繋がります。 また、腎臓病の種類として、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、急性腎不全、慢性腎不全などがあります。

詳細へ